小学校受験の当日の注意点や受験後の注意点

“今回は小学校受験の当日の注意点や受験後の注意点を紹介しようと思います。小学校受験をするときはお兄さんやお姉さんが受験を経験されていない限り、親御さん、お子さんともに初めての経験となります。よって受験当日に勝手を知らないが故のアクシデントが起こってしまうことも多いです。また、小学生になる前の子供は何もわかっていないから受験の重大性やプレッシャーなんてあまり感じていないだろうというのも間違っています。子供は子供なりにかなりのストレスとプレッシャーを抱えていますから、受験後の心のケアを怠ってしまうと、特に受験に失敗した場合、落ちてしまった場合には心の傷を抱えることにつながってしまいます。まだ小さいのでのちの人生にも大きくかかわってしまいますから、ケアはとても大切になってきます。

小学校受験当日に注意すべきこと

小学校受験当日に注意すべきなのは、まずお子さんの体調をよい状態にもっていくことです。朝はいつもと同じ食事をし、無理をさえないことです。いつもと同じを心がけましょう。そして、過度に頑張ってなどといわないことです。子供は子供なりに緊張し、プレッシャーを感じていますから、今まで頑張ったから大丈夫、いつも通りやればいいからね、などの言葉をかけましょう。たとえ、お子さんがやる気の出ていない様子で全く緊張していないように見えても本当はわかっていてとても緊張しているというケースもよくあります。また、当日困らないためにも受験会場の下見はされるとおもいますが、それも当日と同じ時間帯に下見をしましょう。朝は混雑しますし、昼間とは違う駅にとまる電車もありますので要注意です。

小学校受験の後に注意すべきこと

小学校受験の後、お子さんの様子をみて、できたかできていないかはだいたい想像がつくでしょう。出来を聞かないのは逆に不自然で不安を煽ってしまいますので、聞いてみていい手ごたえだった場合はせっかくですのでご褒美においしいもの、好きなものでも食べさせてあげましょう。受かったわけではないので豪華に祝うのは禁物ですが。逆に手ごたえが悪かった場合は家に帰り、ゆっくりと話をきいてあげましょう。このとき大事なのは、聞く、のであって聞き出すわけではないということです。お子さんが何か話してくれたらそれを聞き、答えましょう。お子さんが黙っていたらそっと隣にいてあげましょう。泣いていたら隣でさすってあげましょう。そういった、踏み込みすぎず、でも放っておくわけでもないという態度が重要です。”