小学校受験に合格するためのポイント

“親なら誰しも自分の子供には、できることならば最高の教育環境を与えたいと思うのは当然のことです。私立の学校に入れば、受験戦争に巻き込まれることなく伸び伸びと子供を育てることができるというそんな思いから、小学校受験を希望する家庭の数が現在では増えてきています。小学校受験は親の受験と言われるように、受験を決めたその日から受験当日まで、親が主導権を握って準備をしなければなりません。しかし、小学校受験を成功させるためには、やみくもにがんばればいいというものではありません。何しろ受験する本人は、まだ幼稚園に通っているような5歳や6歳の小さな子供です。自分の意思で受験をしたいという子はほとんど稀でしょう。そんな子供たちと一緒に晴れて合格を獲得するには、いくつかのポイントがあります。

親の受験と言われても主役はあくまで子供です

いくら親の参加度が高いといっても、受験をするのも合格した後実際に何年も学校に通うのは子供です。ですから志望校は親の意見だけで決めるのではなく、子供の希望を取り入れるべきです。ほとんどの家庭が小学校受験にあたって塾に通うことになると思いますが、塾の先生と相談して候補となる志望校を絞ったら、子供を連れて是非その学校の運動会などの行事に参加するようにしましょう。実際に小学校を自分の目で見ることによって子供なりに、「この学校に入りたいから、勉強がんばろう。」という受験突破へのモチベ-ションが高まるはずです。また、学校選びは偏差値だけでなく、通学時間などを考慮することも大切です。何年もの間子供が安全に楽しく通えることは、小学校選びの大切なポイントのひとつです。

父親の存在が受験成功へのカギです

そしてもう一つ忘れてはならない大きなポイントは父親の存在です。小学校受験ではほとんどの場合、母親が子供と密着して二人三脚の形をとってしまい、仕事でいそがしい父親はカヤの外になりがちですが、これでは受験を突破することはできません。面接では父親の教育方針もしっかりチェックされます。付け焼刃で面接の練習をしても、相手はプロですからすぐにわかってしまいます。それに面接対策は別として、がんばっている子供に声をかけることは、子供のやる気を引き出す上でとても大切です。子供は父親に声をかけてもらうことによって、お父さんも見ていてくれるのだ、とがんばることができるのです。このように小学校受験は家族の誰か一人の努力で合格を勝ち取ることができるわけではありません。家族みんなで励まし合いながら合格に向けて進むことが大切なのです。”